KANNA DESIGN

BLOG

第19回 東欧への旅✈ハンガリー・ブダペスト編

クラクフを後にして向かう先は、ハンガリーの首都ブダペストです!

 

今回海外で初めて夜行バスを使ってみました。

若干の不安はあったものの、特に危ないこともなく快適でした。

若い旅人たちに囲まれて約6時間、国境を越えてゆきます。

ハンガリーに到着した時はまだ朝の5時…。地下鉄で都心部に向かいます。

 

*早朝のブダペスト東駅。ちょっと物悲しい…。

 

私は語学学校でハンガリー人の友達から聞いて初めて知ったのですが、ブダペストってドナウ川を挟んで左側が“ブダ”、右側が“ペスト”と呼ばれるエリアに分かれています。

どちらかといえばペストの方が観光地が多く、華やかなイメージ。

 

その2つをつなぐのが鎖橋。

 

*対岸にはブダ城が見えています。

 

ブダペストはワルシャワともクラクフともまた全然違う!同じ東欧とはいえ街並みも雰囲気もガラッと変わりました。

ブダペストの方が街も人もオープンな感じがしました。英語もわりと通じますし、ちょっと閉鎖的な印象があったポーランドよりも旅しやすいように思います。

 

そうそう、ブダペストには“世界一美しいマクドナルド”がありまして…笑

朝方行ってきましたが、確かに看板がなければマックとはわからないです!

 

*ブダペスト西駅に隣接しています。

 

内部も本当に駅舎そのものでクラシック。中にいる人々は他の店と変わらず若者たちでしたが…。

 

 

お昼時に小さなベーグル屋さんに行きました。

 

 

ポーランドが発祥の地と言われるベーグル、ここブダペストでもとってもおいしかったです。

店内もオーナーが少しずつ作ったという棚が良い雰囲気を出していました。

 

 

 

お腹を満たした後は街を散策。あまり近代的なビルがなく、歴史があって落ち着く街並みです。

 

 

 

古くて大きな市場にも入ってみました。

食料から雑貨まで、なんでもあります!

 

 

優しいおじさんおばさんが店先に立っていて、果物を買ったらみかんを一個おまけしてくれたり。

一人旅をしているとこういう時の優しさが沁みます…。

 

 

交通機関はバス、地下鉄、市電と何でもありますが、特に地下鉄の歴史がすごい。

ヨーロッパではロンドンに次ぐ古さらしく、最古の1号線は駅や車両全部が世界遺産になっているんです!

 

 

世界遺産、納得。

 

 

オレンジ色がかわいい市電がドナウ川沿いをゆっくり走っていきます。

 

そしてここでの滞在先も…とても素敵なAirbnbでした。

オーナーさん自らDIYで仕上げた部屋は見た目の古さとは違いとても清潔で広く、かなり快適に過ごすことができました。

 

*外廊下タイプの古ーいアパート。

 

*その室内。綺麗!

 

これまた古いタイプライターが置いてありました。

おじいちゃんが使っていたものだそう…。ヨーロッパの人の物持ちの良さはすごいです。

インテリアとしてもしっかり機能していますよね。

 

夜はこのオーナーさんお勧めのハンガリー料理店で伝統料理“グーラッシュ”を堪能し、本当に人に恵まれた旅だったなぁと思います。

 

 

ロンドン生活最後の旅ということもありいつもよりのんびりと街を巡ったのですが、宿の人たちの情報で思いがけない場所へ行くことができたり…人のつながりのありがたさを感じた旅でもありました。

 

これにて1年間のロンドン生活と旅の記録はおしまいです。

今まで読んで下さった方、ありがとうございました!

 

次はいつどこに行けるかな…?

次の目的地を夢見ながら、海外で得てきたものを生かせるよう頑張っていきたいです(^^)v