KANNA DESIGN

VOICE

Part5   竣工・お引渡

O様:料理をしているとき、洗濯物を干しているとき、子どもと遊んでいるとき…家のどこに居ても心地いい時間を過ごしています。

日が入る清々しい朝も、間接照明が灯る夜も居心地がよく、眠るのが惜しくて寝不足の日々です(笑)。

これから、家族みんなで大切に、大切に、家を育てていきたいと思っています。

素敵な住まいをつくっていただき、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…寝不足にさせてしまい申し訳ございません(笑)特にメインルームの大開口からの景色は、毎日表情を変え絶景ですね。

こんなにも愛おしくお暮らしくださり、造り手としてこの上ない喜びを感じております。

また、お近くにお寄りの際は、事務所でもカフェのほうでもお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

Part4  工事中の思い出

O様:通り道ということもあって、工事中はほぼ毎日家の前を通り、「今日はここが変わっていた!」など家族で話すことが日課になっていました。

家の前を通るたびにたくさんの職人さんやkanna designの方々がいらっしゃるのを見て、多くの方々の技と努力で家は造られていくのだと痛感し、感謝の気持ちでいっぱいでした。

また、着工後も新たな工事の相談や変更にも柔軟に対応していただき、“後悔が一つもない家”であることはもちろん、想像を遥かに超えた“私たちには勿体ないくらい素敵な家”が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…解体工事から始まり、実に長い間、仮住まいをさせてしまいました。

建物の特性上どうしても日数を要しますが、お待たせした分を充分取り戻せる程、ご満足のゆく仕上がりになったのではと思います!(調子こいていますね)

 

Part3  打ち合わせでの思い出

O様:

ただ“オシャレ”なだけではなく、暮らしやすさが綿密に計算された内容と様々なアイディアが組み込まれることに、驚きと「kanna designに頼んでよかった」という気持ちでいっぱいに。

打合せのたびに、kanna designという会社に惚れ込みました。

そして、まだ図面の状態にも関わらず、すでにその家に住んでいるような、不思議な気持ちになりました。

きっと、良い意味で私たち家族にとって無理のない、暮らしのリズムに溶け込む家だったからなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

…そうなんです。

”オシャレ”だけ追及しているように思われるのですが、暮らしやすさを中心に捉えています。

O様の場合は、図面を読み取る能力に長けていらしたので、すんなり吸収されたのですね。

決して近い距離ではなかったものの、毎週のように楽しく、時には眉間にシワを寄せながら打合せをされていたのが印象深いです。

 

Part2  kanna designに決めた理由

O様:

カフェを訪れてしばらく経った後、家を建てることを本格的に考えはじめました。

一生に一度の家づくり。

後悔だけはしたくないと考えていたので、「こんな家を建てたい」という固定観念を捨て、ハウスメーカーや建築事務所の資料を手当たり次第集めました。

資料集めの際、以前伺った「けんちくとカフェ kanna」を思い出し、資料を請求。

その後、様々な会社のオープンハウスを巡る中で、はじめてkanna designのオープンハウスを訪れたときの衝撃は忘れられません。

カフェで感じた素材感や空気感の中に、施主の思いとこだわりが自然に組み込まれ、それまで訪れた他社のオープンハウスでは感じたことのない魅力溢れる空間に、どっぷりとハマりました。

そして、数社で図面を書いていただいたのですが、我が家は高低差など様々な悪条件の揃う土地での建て替えということもあり、なかなか土地を活かしつつ私たちの希望を反映した図面に出会えませんでした。

そんな中、kanna designの図面をはじめて見たときは、自然と歓声が上がりました。
土地を上手に利用し、私たちの思いも汲み取ってくださり、さらに私たちが出す希望に常にアイディアをプラスしてくれることに感激。

ぜひ家づくりをお願いしたいと思い、kanna designに決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…「カンナさんに決めました!」とO様からお電話いただいた時のドキドキ感は今でも鮮明に覚えおります。

ありがたく、嬉しく電話に一礼をいたしました^^

O様の敷地は高低差が大きく、既存の工作物もあり、特にやりがいのある条件でしたが、初回のご提案から気に入って下さっていたのですね。

ご要望に「プラスアルファのご提案」を、社訓にしておりますので、努力が報われる思いです。

 

Part1  kanna designとの出会い

O様:

出会いは、以前仕事で「けんちくとカフェ kanna」を訪れたことでした。

その時はまだ「いつか家を建てたいなぁ」とぼんやり思っていた程度でしたが、カフェのモルタルや鉄の素材感、自然光で浮かび上がる味わい、そして全体を包み込む空気感に一気に惹かれ、「ここに住みたい」と思ったのを今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…お仕事柄、いろんな建物をご見学されているO様に、そのような評価をいただき嬉しい限りです!

この時抱かれた印象が更に膨らんで、あのような迫力あるモルタルの壁や鉄の演出に繋がったのですね。

お客様の声

Archive