KANNA DESIGN

VOICE

Part3  打ち合わせ中の思い出

素敵なカフェで、こうしたい!ああしたい!を余すとこなく伝えました。アライグマさんをいつも悩ませてしまい申し訳ありません・・・(汗) 予算の都合上、断念せざるを得ない箇所があるなか、「こうしたらどうでしょう!」と斬新なアイデアをだしてもらい、大満足の図面が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アライグマは、厳しい条件を突きつけられるのが嬉しいのです。追い詰められるほど、よい案がでてきます!こうした思いを共有させていただきH様には感謝でいっぱいです。

お客様の声

Archive