KANNA DESIGN

VOICE

Part4 工事中の思い出

S邸ご主人様:ペンキ塗りは体力的にきつかった。職人の皆様に感謝しなければいけないと思った。

S邸奥様:秋の着工で、心配症の私は、大雪をまたいで本当に家が完成するのか1人で気をもんでいました。見事完成した時はプロの仕事はすごいなぁと感激でした。そして何より2月の冬ど真ん中に板のペンキ塗り。ぶっ続け12時間はとってもキツかったですが良い思い出です。(自分も家を作った気分を味わえたので)

-Sさま現場作業のお手伝い、誠にお疲れ様でした。

でも冬に12時間はさすがにきついですよね。。。^^;

きっと将来家を建てた時の良い思い出になると確信してます。

お客様の声

Archive