BLOG

カンナのひとりごと

非日常空間

 

 

「日常非日常の家」の塗り壁が仕上がりました。

(床は養生ボードが敷いてありますが、コンクリート仕上げです)

 

光あふれる明るい「日常」空間と色のトーンを落とした「非日常」空間。

それぞれがあって、それぞれが引き立つ、

そんな家がもう少しで完成です。

 

 

着工

 

マドアカリノイエ の敷地にポツリと。

先日地鎮祭も終え、もう少しで着工です。

ハト時計の家、その後

 

屋根の上に手!?

 

のように見えるのは雪です。

ハト時計の家

 

ハト時計の家のクローゼットの上にはロフトがあります。

登ってみると垂木の隙間から自然光が入り込み、

左右対称の屋根形状と相まって神秘的な空間となっています。

 

トリさん曰く、「計画通り」 だそうです。(本当。。?)

 

稜線と暮らす家

 

稜線と暮らす家 が建方中です。

山の稜線を意識した屋根勾配(シカさん談)だそうです。