KANNA DESIGN

PICK UP

魅せる階段

これまでにも何度か取り上げたことのあるテーマ・階段。

今回は色々な形、仕上げのものをまとめてズラリとご紹介します。

 

一般的な階段はこの2種類。目にすることも多いと思います。

1つ目は箱階段。段板を支える桁が壁の中に隠れています。

 

下の空間をうまく使えれば収納にもなりますね。

 

もう1つは桁が段々になったササラや梁を現すサラシ階段。

鉄製の稲妻ササラを使ったり木製の梁で段板を受けたりします。

 

 

同じ木製でも段板・ササラの色や素材を変えると表情も変わってきます。

 

ササラをまったく見せない、浮いているような階段も…

 

 

 

ところで、階段って家の中でどんな存在でしょうか?

1階と2階をつなぐもの。ただの通路…。

私たちはそれだけではなく、昇り降りするのが楽しくなるような階段があってもいいのではと思います。

 

例えばこんな、段板がロの字になったもの。

 

互い違いになっているので足もかけやすいです。

 

こちらはロフトに昇る階段が真下のワークスペース収納を兼ねているもの。

 

 

お手持ちの引出に合わせて階段を作ることもできます。

 

 

段板もベーシックな木製ばかりではなく、例えば白い鉄板で作ると

薄い紙がギザギザに折られているようですね。

 

 

シンプルな木製サラシ階段、素敵だけど隙間が気になる!という方に。

 

 

蹴込み部分にガラスを入れれば見た目を変えずに安心度が増します。

 

 

また、手摺も大事なポイント。

よく使うのは木製・鉄製のシンプルなものですが、一味違うものを組み合わせることで個性をプラスできます。

 

鉄製丸パイプを縦にたくさん並べ、段板を支える機能としての役割も持たせたり…

 

それがさらに進化して飾り棚が組み合わされたり。

どこが段板でどこが棚板なのか、目の錯覚を誘います。

 

または縦長ロの字を段板に一枚一枚固定して手摺代わりとしたり。

 

 

そして階段を設置する場所も重要で、家の中心近くに置くと

ただの通路ではなく“見せる階段”としての魅力が発揮されますね。

 

 

 

長く留まる場所ではないから何でもいい…ではなく、

リビングでくつろぎながら・食事をしながら眺める場所としての階段があると

より楽しい家になるのではと思います。

 

 

 

 

 

 

ガラスの種類

ガラスの種類や使い方には様々なものがあり、

空間をさえぎらないための透明ガラスや、

人の気配を感じられるすりガラス、

部屋の雰囲気を変えるモールガラスなど・・・

他にも、たくさんの使い方があります。

 

階段周りの手すりには太陽からの光を通すための

透明ガラスの落下防止をつけています。

 

こちらは、すりガラスを間仕切り代わりにして、

玄関からのお客様の気配を感じられますね。

 

乾燥室として利用するお部屋には、透明なガラスではなく

縦のラインの入ったモールガラスを使っています。

 

洗濯物も見えにくく、ガラスを一部抜くことで空気の循環も良くなります。

 

弊社の打ち合わせ室も、モールガラスを使用しております。

 

階段の横にあるガラスは、

床から天井まで1枚の透明ガラスにすることで

空間を最大限広く見せられます。

階段から足を踏み外す心配もありませんね。

 

板ガラスは、飾り棚としても使えます。

 

吹抜に面しているカウンターには、

物が下の階まで落ちてしまうのを防ぐために

ガラスの板を取り付けています。

 

ガラスには沢山の種類があり、色々な使い方があります。

ぜひ使ってみては、いかがでしょうか。

タイル色々

水回りの壁は、タイルによって様々に彩られます。

すぐにイメージが浮かぶのは洗面所でしょうか?

 

 

一番シンプルな白い磁器質タイルです。目地も白にすることで洗面ボウルや

まわりの壁とも馴染みますね。

同じタイルを天板まで貼ると、よりクリーンな印象です。

 

色は白でもサイズと質感、目地の色を変えると・・・

幾何学模様の壁紙みたいですね^^

 

 

この写真のように四角形・長方形のタイルを交互に貼ることを馬貼りといい、同じタイルでも仕上がりが違って見えます。

 

 

表面がゆらゆらしたタイルは、アップも綺麗。

 

 

モザイクガラスタイルもおすすめです。

光を受け、その時々で違う表情を見せます。

 

圧巻のガラスタイルキッチン!ここがLDKの主役と言えそうです。

 

よく水回りのタイルは汚れが心配・・・と言われますが、最近の目地材は進化していて「キッチン用」「水回り用」などの種類があり、汚れにも強くなっています。

何よりお掃除の時にサッと拭けるのが魅力ですよね。

 

ポイントとしてどこかに1ヵ所、ぜひ取り入れていただきたい素材です。

 

 

 

 

 

 

左官塗壁

 

室内の壁仕上げで一般的なのはやはりクロスでしょうか・・・。

弊社でもクロス仕上げはよく使いますが、ポイントで印象を変えるのに

塗り壁はとても効果的です。

 

 

家の中全部を塗り壁にするのはお金も手間もかかりますが、リビングや和室・

子供部屋などの壁一面に色を塗るだけでも雰囲気を変えられます。

 

 

男の子のお部屋。水色でも落ち着いた色を選べばお子さんが大きくなっても

使いやすそうです。

 

 

和室には畳の色に合わせて渋い緑を選んだり・・・

 

こんな風に一部だけ塗り壁にする時は、お客様自らが挑戦します!

ご家族皆さんで作業すると家作りの思い出も深まりますね。

 

 

コテ跡がついてもいい味が出ますので、初めての方でも挑戦しやすいです。

ただ中にはかなりの上級者も・・・

 

 

 

 

遠目ではわかりにくいですがここのお家の壁はすべて左官塗り、

しかもお客様施工です!

そして上下の写真は同じ家です。部屋によって塗り方を変えています・・・。

職人さんのような腕前に驚かされました(^^)

 

  •  
  •  

KANNAのこだわり

Archive

  • 2017

    12│11│10│09
    08│07│06│05
    04│03│02│01

  • 2016

    12│11│10│09
    08│07│06│05
    04│03│02│01

  • 2015

    1211│10│09
    080706│05
    04│03│02│01

  • 2012

    12│11│10│09
    08│07│06│05
    0403│02│01