KANNA DESIGN

PICK UP

小さくても大事な場所

皆さんにとってトイレってどんな場所でしょうか?

一日のうちでそんなに長居する場所ではないし、定期的に掃除しなければ

いけない面倒な場所…

 

 

確かにそうかもしれませんが、そんな場所こそほっと一息つける・

時には遊び心が垣間見えるような空間にしたいと思います。

 

 

たとえば壁の仕上げや照明を一味変えてみたり。

 

 

こんな風に棚や収納で工夫することもできます。

(常にペーパーのストックが置いておけて交換しやすいですよね。)

 

 

一見すると不思議な穴があいている箱ですが…

パカっと開けるとトイレットペーパーの滑り台!

扉を閉めたままペーパーを取り出すとだるま落としのように

次のペーパーが待機します。

 

また、実用的な機能として…

弊社2階のトイレには赤ちゃんのおむつ交換台(可動式)があります。

デパートのトイレによく設置されているものを真似してみました。

 

 

照明の使い方も内部の雰囲気を変える方法の一つです。

 

照明がついていないとシンプルなモノトーンの室内も、間接照明によって

抑えめながら暖かな光がこぼれます。

 

こちらは上からの間接照明を使っていますが、背面のタイルをきれいに

際立たせていますね。

 

弊社カフェ部分のトイレ。背面の壁内部に照明を忍ばせています。

 

 

天井・壁の造り方を工夫すれば自然光だけでも十分な明かりがとれます。

トイレにあまりピカピカした明るさは…という方にもおすすめです。

 

 

手洗いを設置すると、小物が増えることでまた雰囲気が変わりますね。

ミラーをつけるとちょっとしたカフェのような印象になり、来客の方にも

気持ちよく使ってもらえるのではないでしょうか。

 

トイレにいる時間が大事!という方はこのように面積をゆったりと取り、

自分の好きな色をアクセントに使うのも良いですね。

完全に一人きりになれる空間は家の中にそうないので、そんな場所こそ

好きなようにしたいという方はけっこう多いと思います。

 

もちろん将来のことを考えて手摺をつけることもできます。

 

こういったベーシックな形のものでも、

 

一見すると手摺とはわからないように、カウンターに掘り込みを

つけることも。

この場合は手洗い側の穴をタオル掛けとしても使用できます。

 

こうやって並べるだけでも色々なバリエーションがあり、トイレはお客様の

好きなものや雰囲気が反映されやすい場所だなぁと改めて感じます。

今度オープンハウスにいらっしゃる際は是非トイレにも注目してみて下さいね。

 

明かりの効果

居心地よい室内を作る上で大事なものは何でしょうか。
部屋の大きさ・天井の高低・またはそこに置かれる家具など人によってさまざまですが、その中でも照明の果たす役割はとても大きい!と思います。

 

一口に照明と言っても器具の種類は千差万別。明かりの色と合わせて、目的や好みによって選ぶ楽しさがありますね。

 

 

器具の中で最もシンプルで主張しすぎず、登場場面が一番多いダウンライト。

天井の仕上げに合わせてフレームの色が選べ、傾斜天井の時はユニバーサルダウンライトと呼ばれる可動式のタイプも使用できます。

 

人気の高いペンダントランプ。

シェードのデザインはもちろんコード部分の仕上げや長さも様々で、空間に合わせた器具を幅広い選択肢の中から選べます。

 

今はインターネットでお手頃な値段のものもたくさんあり、お客様ご自身からのご支給が多い器具でもあります。

 

 

吹き抜け天井から何灯か垂らしたり、

 

吊り下げ方も工夫してみたり。

 

デザイン色の強いものを使うと空間の主役として目が惹きつけられますね。

 

 

お次はこちら、スポットライト。

 

 

スポットライトは特定の方向を照らすことに適しているため機能性が重視されがちですが、こういう風に室内の意匠とつながりを持たせることでかっこよく仕上がります。

 

 

 

空間の印象をがらっと変えて見せてくれるのが、間接照明。

引き立たせたい場所を効果的に演出することができるので、家の中のどこかに取り入れたいと希望されるお客様が多いです。

 

 

ちょっと変わり種ではこんな照明も…

 

 

 

時には照明を一から作ったりも。こちらは鉄で製作したダイニング照明です。

 

主役にも脇役にもなる照明器具。

何を選ぶかによって室内を良くも悪くも変えるので難しさもありますが、その分素敵な照明がついた時の喜びは格別です^^

 

  •  
  •  

KANNAのこだわり

Archive