KANNA DESIGN

PICK UP

明かりの効果

居心地よい室内を作る上で大事なものは何でしょうか。
部屋の大きさ・天井の高低・またはそこに置かれる家具など人によってさまざまですが、その中でも照明の果たす役割はとても大きい!と思います。

 

一口に照明と言っても器具の種類は千差万別。明かりの色と合わせて、目的や好みによって選ぶ楽しさがありますね。

 

 

器具の中で最もシンプルで主張しすぎず、登場場面が一番多いダウンライト。

天井の仕上げに合わせてフレームの色が選べ、傾斜天井の時はユニバーサルダウンライトと呼ばれる可動式のタイプも使用できます。

 

人気の高いペンダントランプ。

シェードのデザインはもちろんコード部分の仕上げや長さも様々で、空間に合わせた器具を幅広い選択肢の中から選べます。

 

今はインターネットでお手頃な値段のものもたくさんあり、お客様ご自身からのご支給が多い器具でもあります。

 

 

吹き抜け天井から何灯か垂らしたり、

 

吊り下げ方も工夫してみたり。

 

デザイン色の強いものを使うと空間の主役として目が惹きつけられますね。

 

 

お次はこちら、スポットライト。

 

 

スポットライトは特定の方向を照らすことに適しているため機能性が重視されがちですが、こういう風に室内の意匠とつながりを持たせることでかっこよく仕上がります。

 

 

 

空間の印象をがらっと変えて見せてくれるのが、間接照明。

引き立たせたい場所を効果的に演出することができるので、家の中のどこかに取り入れたいと希望されるお客様が多いです。

 

 

ちょっと変わり種ではこんな照明も…

 

 

 

時には照明を一から作ったりも。こちらは鉄で製作したダイニング照明です。

 

主役にも脇役にもなる照明器具。

何を選ぶかによって室内を良くも悪くも変えるので難しさもありますが、その分素敵な照明がついた時の喜びは格別です^^

 

浮島キッチン

デザインにも機能にもお客様のこだわりが詰まった場所、キッチン。

私たちはそこにちょっとした+αを加えます。

アイランドキッチンの名前のとおり、キッチンの塊が浮いているように見せることもそのひとつ。

 

 

落ち着いた色の床に白いキッチンが浮かび、背面のモザイクタイルが引き立ちます。

 

こちらはさらに浮いていますね・・・

リビングから見える2本の脚は、キッチンを支えることはもちろん配管・配線を隠す役目も果たす優れ者です^^

 

ちょっとした遊び心のような+α、これからもご紹介していきます♪

 

T邸 キッチン

たまに打ち合わせ中のお客さまから

「シンクとコンロは別々に分けられないですか?」

と言う質問があります。

ハイ勿論出来ます♪

ほら♪シンク下にはゴミ箱スペースもあり、、、海外製の立派な食洗器も付いてます。

キッチンはほとんどオーダーで作成するので色んなことが出来ますよ。

 

 

Y邸 キッチン

Y邸のこのキッチン、どうですか?

背面に小さいモザイクタイルを貼り付けてます。

それにより少しグレードが上がりワンランク上のキッチンに見えますね。

実はこの見た目の美しさは足元にも秘密があるのです。

足元を一回り小さく造り、奥にバックさせて目立たぬように黒塗装しているので浮いて見えて、且つ横長のキッチンに見えるのです。この横長感がバランスよく見えるんですね。

それだけでなく天板は厚さ1cmの人工大理石なのですがそれを両側面にも廻しています。この天板の小口の薄さも見た目のすっきり感につながるのです。

更には食洗器とビルトインオーブンレンジを組み込み、シンクの下にはゴミ箱置きスペースを取ってリビングから見えないようにしてます。見た目も大事、使い勝手も大事です♪

M邸 キッチン

Mさま邸のステンレス天板のキッチン

2700x1100mmと奥行きがとても長く、キッチンの天板がテーブルとしても使えるようになってます。

 

 

 

おまけに掘りごたつのように足元を入れて座れるように造りました。

分かりますか?

う~んこの写真では分かりにくいですね。。。(^^;)

残念ながらこのキッチンの良さがこの写真では表現しきれてないです。

もっと記事のこと考えて写真を撮る必要がありますね。。。今後の課題です。

 

KANNAのこだわり

Archive

  • 2017

    12│11│10│09
    08│07│06│05
    04│03│02│01

  • 2016

    12│11│10│09
    08│07│06│05
    04│03│02│01

  • 2015

    1211│10│09
    080706│05
    04│03│02│01

  • 2012

    12│11│10│09
    08│07│06│05
    0403│02│01